ツアー・イベント 活動報告

三菱地所新入社員フォローアップ 開墾研修

【耕作放棄地開墾・水路づくり】

1日目の作業を無事に終了!お約束の「モリモリ!」のポーズで記念撮影!
1日目の作業を無事に終了!お約束の「モリモリ!」のポーズで記念撮影!

昨年に引き続き、今年も「空土ファーム」で三菱地所の新入社員研修の一環で、開墾研修が行われました。

これから山梨県の「空土ファーム」へと向かいます。
これから山梨県の「空土ファーム」へと向かいます。

参加したのは2018年入社の三菱地所社員35名。ススキなどの雑草や灌木が生え放題になっている耕作放棄地を2日間かけて開墾し、水路を掘って新しい田んぼにします。

何十年もの間、人の手が入らず荒れ放題になっている耕作放棄地を、まずは鎌を使って生えている草を刈り取っていきます。機械を使えば簡単にできますが、山間の棚田は機械を入れることができません。みんなの力で田んぼを復活させていきます。

何十年もの間、人の手が入らず荒れ放題になっている耕作放棄地を、まずは鎌を使って生えている草を刈り取っていきます。機械を使えば簡単にできますが、山間の棚田は機械を入れることができません。みんなの力で田んぼを復活させていきます。

刈り取った草や木はブルーシートを使ってみんなで運び出します。何度も何度も往復するうちに、枯草だらけだったところが田んぼらしくなってきました。一人ひとりの力は小さいけど、みんなで力を合わせれば作業はどんどんはかどります。

刈り取った草や木はブルーシートを使ってみんなで運び出します。何度も何度も往復するうちに、枯草だらけだったところが田んぼらしくなってきました。一人ひとりの力は小さいけど、みんなで力を合わせれば作業はどんどんはかどります。

1日目の作業を終えた後は増富温泉につかって汗を流し、待ちに待った晩御飯。疲れた体に美味しいご飯がしみわたります。

1日目の作業を終えた後は増富温泉につかって汗を流し、待ちに待った晩御飯。疲れた体に美味しいご飯がしみわたります。

休憩を挟んだ後は、座学研修が続きます。NPOえがおつなげて代表理事の曽根原さんや、三菱地所の環境・CSR推進部菊川部長の講義で、CSRとCSV、「開発」という言葉の持つ意味を考え、グループに分かれて社会課題についてディスカッションしました。

休憩を挟んだ後は、座学研修が続きます。NPOえがおつなげて代表理事の曽根原さんや、三菱地所の環境・CSR推進部菊川部長の講義で、CSRとCSV、「開発」という言葉の持つ意味を考え、グループに分かれて社会課題についてディスカッションしました。

2日目は田んぼに水を引くための水路づくりと切り株などの伐根作業。まだ霜が降りている「空土ファーム」に入り、スコップや鍬を使って作業をしていると寒さも吹き飛びます。田んぼにのこった草や木の根も取り去り、水を引くための水路も完成!

2日目は田んぼに水を引くための水路づくりと切り株などの伐根作業。まだ霜が降りている「空土ファーム」に入り、スコップや鍬を使って作業をしていると寒さも吹き飛びます。田んぼにのこった草や木の根も取り去り、水を引くための水路も完成!

肉体的にはハードワークでしたが、これから色々な地域で開発事業を担う新入社員たちにとって、「空土ファーム」での体験は学ぶことも多く、充実した2日間でした。

肉体的にはハードワークでしたが、これから色々な地域で開発事業を担う新入社員たちにとって、「空土ファーム」での体験は学ぶことも多く、充実した2日間でした。