空と土プロジェクト

北杜市 増富地区について

増富地域について

山梨県北杜市は、(1)日照時間日本一、(2)ミネラルウォーター生産量日本一、(3)国蝶・オオムラサキ生息日本一、を誇る自然豊かな地です。
北杜市の北東部に位置する須玉町増富地域は、古くは金の採掘や地域の95%を占める森林資源の活用で潤った地域です。現在では、標高1000mを超える高冷地の特徴を活かし特産の花豆等の栽培が行われています。一方で過疎化が進み、人口447人中、291人が65歳以上の高齢者となり、農地の58.36%が耕作放棄されている地域となっています。
※2017年3月時点

北杜市の三大日本一

年間2500時間以上で日照時間の長さが日本一

年間で2500時間以上という日照時間を活かし、最近ではメガソーラー等の太陽光発電の活用に取り組んでいます。

ミネラルウォーター生産量日本一

名水百選に登録される、「八ヶ岳南麓高原湧水群」、「白州・尾白川」、「金峰山・瑞牆山源流」。その他にもミネラルウォーター生産量日本一で、名水の里として知られています。

国蝶オオムラサキの生息数が日本一

自然が多く残っている八ヶ岳高原に位置する北杜市は全国一の生息地です。夏になると美しいオオムラサキと出会うことができます。

北杜市 増富へのアクセス

自動車を利用の場合

  1. 中央自動車道 須玉ICを降りて国道141号を清里方面へ進む
  2. 西川橋西詰交差点を右折し増富ラジウムラインを約40分

鉄道と路線バスを利用の場合

  1. JR東日本中央本線の韮崎駅で下車
  2. 各種路線バスで約1時間

中央自動車道高速バスの利用の場合

  1. 中央自動車道「中央道須玉」バス停で下車
  2. その後徒歩約5分で「北杜市役所入口バス停」へ
  3. 山梨交通タウンコーチ路線「韮崎・増富温泉郷線」で約30分

Google Maps

 
ページTOPへ