空と土プロジェクト

HOME > 過去の活動内容 > 2012年度 > 空土バスツアー:親子夏野菜収穫キャンプ
  • 活動内容
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 活動報告
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度

空土バスツアー:親子田植え体験と森林体験ツアー

8月24日(金)、25日(土)。
この日は待ちに待った「親子農村体験キャンプ」が開催されました。
夏の農村と大自然をたっぷり楽しんだ、2日間のキャンプ体験。
さっそく、その様子をご報告します。

新宿からバスに乗り込んだ一行が向かったのは、
お馴染み・山梨県北杜市の増富地域。
バスの中では「キャンプが初めてなので本当に楽しみにして来ました」
「息子にいろんなことを体験させたくて参加しました」
「大自然と夏野菜、満点の星空が楽しみです」など、
みなさんこれから体験するキャンプを心待ちにしていた様子。

きっと、想像以上に感動する2日間を過ごすことになりますよ!


夏休み最後の思い出作りにピッタリのお天気です。


太陽の恵みを受けて美味しく育った、夏野菜を収穫。

新宿も雲一つない猛暑日でしたが、増富も素晴らしく晴れた良い天気。 太陽はみなさんの味方についてくれましたね。


どんな野菜を収穫できるのか、とても楽しみですね!

増富に到着してまず向かったのは「空土ファーム」です。
ここの野菜はすべて無農薬。
しかも標高1000メートルという高い場所だから、
朝夜の寒暖差により甘く美味しい野菜たちが育つんです!

それではさっそく、自然の恵みをたっぷり受けて育った夏野菜を収穫しましょう。


まずはジャガイモ掘りの方法を教えてもらいます。いくつ掘り出せるかな?

最初に一行が向かったのはジャガイモ畑。
土の中に埋まっているジャガイモを手で土を掘ると、
次から次へとジャガイモが顔を出しました。
「大きいのが出てきた!」「いっぱいとれた!」と、大人も子供も大はしゃぎ。
ビールケースよりも大きなコンテナ4つがいっぱいになるほど収穫できました。



子どもたちの満面の笑みを見ると、大人も笑顔になりますね!

お次はトウモロコシ畑です。
実が大きく、ヒゲが茶色く、実の先端をつまむと丸くなっているのが
完熟の美味しいトウモロコシなんだとか。
とり方は、実をグイッと下げて、もぎ取るだけ。簡単です!
みなさん、美味しそうなのを吟味して収穫してくださいね!



大きく実ったトウモロコシを収穫!夕飯前にいただきましょう!

収穫後に待っていたのは、お待ちかね生トウモロコシの試食です。
かぶりついてみると、甘くてジューシーで、まるでフルーツのよう。
スイカよりも糖度が高いことが、納得できました。
生で食べるのが初めての方もいらっしゃったのでは?


標高1000メートルとは言え、とても良いお天気だったので移動中汗ばむほどでした。

トウモロコシを食べ終わると、次はトマト畑に移動です。
国内で120種類くらいあるトマトのうち、
空土ファームで栽培しているのは「ボニータ」という品種のトマト。
この品種は育てた実からで種が取れるので、その種をまた苗から育てることで
強く健康なDNAを持つ木になっていくそうです。

その強い木に実っていたのは、真っ赤に熟したキラキラのトマトたち。
完熟トマトを選んで収穫しましょう!



美味しい命をありがとう。そんな気持ちが芽生えてくれたら嬉しいです。

収穫が終わると、えがおつなげての方から
「一人もう一個ずつ収穫して、食べてみてください」と嬉しい言葉が!
真っ赤に熟したトマトを選び、かぶりついてみると・・・
「とっても甘い!」直前まで太陽の恵みを受けていたトマトは本当に甘くてみずみずしい。
子どもたちも満面の笑みで、トマトにかぶりついていました。



ページトップ