空と土プロジェクト

HOME > 過去の活動内容 > 2009年度 > 空土バスツアー:田植え・トウモロコシの種まき
  • 活動内容
  • 2013年度
  • 活動内容
  • 活動報告
  • 活動内容
  • 活動内容

空土バスツアー:田植え・トウモロコシの種まき

5月24日、またもやあいにくのどんより空模様。雨は降ったり止んだり…。

この日は、これまでみなさんが開墾し、土手を作り、水を入れた、 「御門の棚田」で、いよいよ苗を植える「田植え」の日となりました。
12家族35名もの方々が参加。それはもう、大賑わいのバスツアーでした。
きっと初めてであろう、田んぼでの作業。さあ皆さん、無事にできますでしょうか?

※レポートを最後までご覧いただくと今回のツアーで撮影した写真の一覧がございます。



いよいよ棚田に緑色が添えられます

「つめたい!」「ヌルヌルする〜」
この日はいつもより、ちょっと寒いかなというほどの気温。
最初はワクワクしていた子供たちも、ちょっとおっかなびっくりで、田んぼに足を入れています。
ちょっと立ち止まればどんどん土の中に足が埋まっていくので、歩くのも一苦労。
たくしあげたズボンが少し濡れてしまうのを我慢して、どんどん田んぼを進んでいきました。

現地の方々が田んぼの隅と隅にひもを引っ張り、そこに沿って苗を植えていきます。
手に持つ苗は4〜5本。中指と薬指に挟んで、土の中に苗を押し込みます。
草の方を持ってしまうと、植えたときに苗が折れやすくなってしまう、とのこと。
一列に並んで苗を植える。水の冷たさもあいまって、みんなワイワイ作業に励んでいました。
ちなみに、足で作ってしまった穴ぼこは、ちゃんと足でならして埋めて下さいね。


この田んぼは農薬を一切使わない、有機無農薬のお米が収穫できる田んぼ。
ということは野生の生物にとっても、非常に住みやすい環境、ということになります。
田んぼを見渡せば、オタマジャクシやカエルの姿が、いたるところに。
男の子たちは作業が一段落すると、今度は夢中になってカエル採りを始めていました。

参加者の皆さんが田んぼに植えたのは、コシヒカリ。
およそ20年ものあいだ放置されていた棚田なので、どれくらい収穫できるかはわからないけど、 出来上がったお米の味は、なんとも言えないほど美味しいそうです。
秋に皆さんの手元に届く「御門の棚田で作られたお米」。今から収穫が楽しみですね。




※レポートを最後までご覧いただくと今回のツアーで撮影した写真の一覧がございます。
ページトップ