食と農と福祉の小さな経済循環(島根県益田市真砂地区) 

一年少し前になりますが2014年10月に、三重県で開催された「第26回 全国過疎問題シンポジウム」に参加しました。総務大臣表彰を受けた地域の一つに、島根県益田市真砂地区がありました。2011年から、食育"をテーマに、「公民館と学校と地域商社との協働のトライアングルによる地域運営の仕組みづくり」に取り組んできました事例です。

真砂は益田市内から車で約30分の中山間地域で、面積29.72平方キロメートル、人口は180世帯397人(2014年9月末現在。)、高齢化率50.5%。子供の数は子供の数は保育園(14人)、小学校(15人)、中学校(9人)、計38人。

masago.jpg


公民館が食育活動をリード
食育活動は公民館長の大庭完さんが、岩井賢朗さん(地域商社である有限会社「真砂」の代表取締役)や小学校の先生と一緒に2011年に始めたものです。島根県の「実証!地域力醸成プログラム」を活用し、11~13年度の3年間、公民館活動として取り組みました。安心安全な野菜作りや土作りでは専門家を招き、指導を受けました。地元の小中学校ではおコメや野菜の栽培から販売や調理までの活動を体験しました。
そして、公民館が取りまとめ役となって地元の真砂保育園をはじめ、益田市の市街地にある吉田保育所(園児100人)と益田ひかり保育所(150人)におコメ、野菜などの食材を週に2回提供することになった。大きさや形は問わず、一定価格で購入してくれる。女性の所長さんや栄養士さんの理解と協力があって初めて実現した。小さいエンジンではあるが、日々地域の経済が動く仕組みが確立されました。

さらに昨年からは「キヌヤ」という地元のスーパーにも真砂コーナーができました。このスーパーは農産物や加工品の2割を地元産にするという方針を打ち出し、地産地消を推進している。真砂の野菜はすぐに売り切れてしまう人気。その理由は真砂のブランド力にあります。


日々のなりわいで地域を活性化する
小さな集落がどのようにブランド力を育んだのか。その秘密は地域商社である有限会社真砂にあります。日々のなりわいで地域を活性化する仕組みをつくろうと、2003年に地域住民24人が出資して設立されました。主役は昼間地域にいる人、"おっちゃん"や"おばちゃん"たち。主力商品は豆腐と豆腐加工品。山里の豊かできれいな水を使用し、島根県"石見"地方の大豆のみ使用した、手づくりの豆腐をつくっていいます。

代表の岩井堅郎さん(45歳)は、20代は大阪で会社員や、島根でJAの職員を務めた経験を持ち、この有限会社の立ち上げから代表を務めています。そして自らを「トウフマン」と名乗っています。食育で小学校に出前授業をした時に子供に「トウフマンだ!」と呼ばれて以来、そう名乗るようになったそうです。最近は少なくなりましたが、豆腐の形をした被り物もイベントなどでは時々被り人気者です。
豆腐の加工品も複数手がけ、年商は2000万円超、6人を雇用している。主力の豆腐は1丁170円(400グラム)とやや高めであるが、支持を得ています。これまで10年間のコツコツこだわりの成果として「真砂+(まさごプラス)」の品質の良さが人気の秘訣です。

stand.png


野菜作りは高齢者の生きがい
保育所やスーパーに野菜を提供しているのは50軒(主には15軒)の農家。60代、70代の女性が多く、無理せず、のんびりとやっているといいます。また、バスを利用して市内に野菜を届けているが、真砂には商店が無いので、女性たちも週1回、月4回このバスを利用して市街地に買い物に行くことができます。ちなみに野菜の供給高は、始めた2011年は166千円だったが、毎年少しずつ増え、今年は400万円を見込んでいるそうです。といっても一軒あたり26万円、月3万円程度のお小遣いになっています。

また、市内の保育圏の子供たちが年に数回、真砂にやってきます。農業体験を通じた多世代交流。シニアは園児の笑顔を見るのが生きがい、やりがいになっています。
そして、真砂の食材を活用した和食給食を採用した2011年以降、市内の保育園児の年間の病気欠席率は低下し、コメの消費量は増え、しかも食材のコストは1食当たり188円と抑えられました。

lunch1412.JPG


食育活動の成果
この間の取組の成果として5つくらいを挙げることができるでしょう。
1.まず第一に、子供の人口の維持だ。H22年43人⇒H27年38人と40人前後と人数の維持に努めている。
2.次に地域経済の創出。保育園、スーパーへの米・野菜・加工品の供給により、小さな経済が生まれた。
3.そして高齢者の生きがい・健康維持。野菜の栽培・供給による収入・健康維持、保育園児らとの交流による生きがいが生まれた。
4.また、保育園児の健康増進にもつながっている。市街地の保育園では和食給食を導入後、病気欠席率が低下し、コメの消費量は増え、食材コストは1食当たり188円と抑えられた。ただし、昨年はおたふく風邪が流行って欠席率がやや上がった。
5.そして何より地域人材の育成につながっている。真砂保育園の屋外保育は園児の健康増進、地域の人とのコミュニケーション力、高齢者の見守りにつながっている。また小中学生は、地域の農産物が生み出す経済について、自ら栽培から販売までを体験することで地域を担う人材としての自覚が養成されている。
これらにより農と食と福祉の小さな循環のしくみを確立することができました。そして、総務大臣表彰を機にメディアに取り上げられることも増え、地域の人たちの誇りにつながっています。


村が園庭。里山保育園
さらに新しい取り組みが始まっています。里山保育です。2015年2月18日、真砂保育園の園児の屋外保育に同行する機会を得ました。真冬の小雨の日でしたが、子どもたちは黄色や黄緑など明るい色のカッパを着て9:30に園を出発。元気に道を歩き始めるが、ほどなく畦道やら水路やら、思い思いのところを歩いていく。途中で郵便局を覗いて職員さんにご挨拶。「真砂」で豆腐を買い、そして家々の玄関先で挨拶をする。おばあちゃんが出てきて、おやつを下さって一休み。子供たちは毎日、地区内各地をこのように歩いて過ごすそうです。

Masago1.jpg

0416.jpg

2013年12月に園長に着任した本田行尚さん(30歳)。自身の子供二人も通わせていますが、真砂保育園に来てかねてから取り組みたかった屋外保育を始めたという。「里と山の自然や地域をフィールドとした屋外保育"里山保育"を導入して1年が経ちました。子どもたちの体力、コミュニケーション力、集中力が向上していると、親御さんからの声をよく聞きます。」と本田さん。

畦道の花や草を摘んで、地域の人と挨拶をして、グミや桑の実をいただいて、田んぼの法面をかけ登ったり滑り降りたり、水路をバチャバチャ歩いたりと、村の全てが園庭です。こうした寄り道が何より子供の感受性を育みます。屋外保育を始めて1年半、子どもたちは随分と丈夫になり、話し合って行先を決めたり、助け合うようになったそうです。
近年森の幼稚園が注目されていますが、こちらは里山すべてフィールドで、地域の人に見守られ、地域の高齢者の交流が図られているところに特徴があります。

「生まれ育った故郷で住み続けるため、そして子や孫たちも住み続けることが出来るように」、との想いから、食育をテーマに、公民館が中心になり、地域商社と、保育園・小中学校・保護者、地域の農家(特に高齢女性)が連携し、「なりわいづくり」「学びの場づくり」「支え合いの仕組みづくり」など地域運営の仕組みづくりができています。中山間地域の協働自立モデルの一つではないでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://soratsuchi.com/cmt/trackback/249

コメント(0)

Comment Form

都市と農山村をつなぐ 空と土プロジェクト
March 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

大和田順子さん

LOHASビジネスプロデューサー/
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表/
NPO環境立国 理事

東急百貨店、東急総合研究所、ザ・ボディショップ、イースクエア等を経て2006年4月に独立。
低炭素で持続可能な社会の実現に向け、人・地域・地球の健康を指向する新しい価値観LOHAS(ロハス)の考えに基づき、講演・研修や執筆、コンサルティング、NPO活動を通じて、ライフスタイル・ビジネス・社会の変革に情熱を注いでいます。

LOHAS & Sustainable Style

最新のエントリー
世界遺産の茅場(かやば)を再生する。合掌の森再生プロジェクト(富山県南砺市五箇山) - 2016.03.31
食と農と福祉の小さな経済循環(島根県益田市真砂地区)  - 2015.12.20
温泉熱を利用したエネツーリズム(宮城県大崎市鳴子温泉) - 2015.08.22
目を覚ませ!放置里山に眠る種たち。 「アーバン・シード・バンク・プロジェクト」スタート! - 2015.06.30
3地域が認定に向けて挑戦中!「世界農業遺産」 - 2015.04.15
南相馬で今女性たちが取り組んでいること。「のらとも農園」、冊子『福島県南相馬発 坪倉正治先生のよくわかる放射線教室』 - 2014.12.27
消滅可能性地域に活路を開く『東北食べる通信』。全国に増殖中! - 2014.08.03
4年目を迎えた震災復興プロジェクト - 2014.04.08
地元産の大豆にこだわる とうふ工房わたなべ (埼玉県都幾川町) - 2014.02.28
オーガニックハーブで美しい村づくり(長野県池田町) - 2013.09.10
月別エントリー
2016年3月 (1)
2015年12月 (1)
2015年8月 (1)
2015年6月 (1)
2015年4月 (1)
2014年12月 (1)
2014年8月 (1)
2014年4月 (1)
2014年2月 (1)
2013年9月 (1)
2013年5月 (1)
2013年3月 (1)
2012年9月 (1)
2012年6月 (1)
2012年3月 (1)
2012年1月 (1)
2011年10月 (1)
2011年8月 (2)
2011年5月 (1)
2011年4月 (1)
2011年3月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (1)
2010年9月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年4月 (1)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (1)
2009年9月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (1)
2009年5月 (1)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)