- 2011年10月のアーカイブ

"まちなみ""むらなみ"を支える"いとなみ" (岐阜県飛騨市)

農山村巡りをするようになって4年が経ちます。今年も紅葉、そして、新米や栗、キノコなど秋の美味の頃になりましたね。少し前ですが10月上旬に、岐阜県飛騨市で開かれた「全国町並みゼミ」に参加し、各地で町並み保存活動をされている皆様と、地元の美酒・美味を楽しみながら交流してきました。
今年34回を迎えた同ゼミは、全国各地で町並みの保存に取り組む人たちが一堂に会するもので、500人近い参加者がありました。


1110hidahurukawa4.JPG
白壁土蔵街を流れる瀬戸川 (飛騨市古川)


飛騨市は岐阜県北部に位置し、2004年に旧古川町、旧神岡町、旧河合村、旧宮川村が合併した、人口27000人余りの町です。古川は江戸時代に増島城の城下町としてつくられ、今でも商人町が残っています。奈良・平安時代から大工として都に仕事に行った歴史から、飛騨の匠の技として代々受け継がれてきました。40年ほど前から町並み保存や市内を流れる瀬戸川の浄化運動に取り組み、今でも匠の技が息づく昔ながらの町屋や寺社が、豊かで落ち着いた町並みをつくっています。2軒の造り酒屋や土蔵、「飛騨の匠文化館」など町の歴史が暮らしの営みと共に息づいています。


1110hidashifurukawa6.JPG
造り酒屋「蓬莱」

1110hidafurukawa2.JPG
それぞれの家屋に花が飾られて (飛騨市古川)


棚田と板倉の里

私が参加した分科会は農村の景観を考える分科会でした。埼玉県小川町の有機の里づくり、この「空土プロジェクト」そして、生きものと共生する地域づくりとして兵庫県豊岡市、宮城県大崎市の取り組みを紹介させていただきました。いずれもその地域に特有の農産物や景観などを活かしたコミュニティビジネスや地場産業との連携など、地域の人々"いとなみ"が農村景観=むらなみをつくっているとお話しました。

分科会の会場は市内から車で30分の宮川町には「種蔵」という小さな農村集落でした。ここには石積みの棚田と地区内に点在する板倉が美しい農村景観をつくりだしています。板倉というのは木造の倉庫で米や味噌、種を保管する場所です。高齢化により棚田の多くが畑に変わっていますが、ミョウガとエゴマの産地になっています。ミョウガの花を見たことはありましたが、群生しているところを見るのは初めてでした。実が大きく、多くが京都の漬物になっているそうです。地元の特産品としてブランド化すれば良いのに、もったいないですね。

1110tanekura.JPG
種蔵の美しい農村景観

111002tanekura1-M.jpg
群生するミョウガの花


その集落にある施設「板倉の宿 種蔵」が秀逸でした。これは平成21年に体験宿泊施設としてオープンしたものです。古民家を移築し、囲炉裏や漆喰の落ち着いた部屋、お風呂の浴槽は檜でした。食事はもちろん地域の食材を使った郷土料理をいただくことができます。朝食には山菜の煮物や、鮎の一夜干しが付きますが、幸せな一日の始まりでした。


1110tanakura3.JPG
「板倉の宿 種蔵」

1110hinokihuro.JPG
檜のお風呂からもむらなみが楽しめる

1110tanekura2.JPG
朝食。ほう葉味噌でご飯がすすむ


今回の「町並みゼミ」では、飛騨市古川の大工さんの匠の技と、住民の高い美意識に支えられた"まちなみ"。そして種蔵の豊かな"むらなみ"に感心しました。これら、町と村の住民が交流することで相互の価値を再発見し、双方の景観が残っていくのではないでしょうか。いずれにしても大阪や東京など都市部の無秩序な景観に比べてなんと質が高く美しいことか、と改めて実感した3日間でした。
景観・文化・暮らしの技に触れる町歩き、村歩きお勧めです。

都市と農山村をつなぐ 空と土プロジェクト
July 2012
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

大和田順子さん

LOHASビジネスプロデューサー/
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表/
NPO環境立国 理事

東急百貨店、東急総合研究所、ザ・ボディショップ、イースクエア等を経て2006年4月に独立。
低炭素で持続可能な社会の実現に向け、人・地域・地球の健康を指向する新しい価値観LOHAS(ロハス)の考えに基づき、講演・研修や執筆、コンサルティング、NPO活動を通じて、ライフスタイル・ビジネス・社会の変革に情熱を注いでいます。

LOHAS & Sustainable Style

最新のエントリー
「なんと里山元気塾」コミュニティをデザインする人の出会いの場 (富山県南砺市) - 2012.06.30
蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト ―総務省「緑の分権改革調査事業」で復興を推進― (宮城県大崎市) - 2012.03.23
復興元年。いわきで始めたい、未来のエネルギー - 2012.01.07
"まちなみ""むらなみ"を支える"いとなみ" (岐阜県飛騨市) - 2011.10.26
農地の復興 その2 ふゆみずたんぼ復興プロジェクト(宮城県南三陸町) - 2011.08.30
農地の復興 その1。復興トマト(宮城県岩沼市) - 2011.08.29
森の力を被災者支援&復興に活かす。オークヴィレッジの提案 - 2011.05.28
東日本大震災 救援・復興支援活動の始め方   - 2011.04.16
今こそ、サステナブルな社会づくりに舵を切ろう - 2011.03.20
『アグリ・コミュニティビジネス -農山村力×交流力でつむぐ幸せな社会-』出版 - 2011.01.28
月別エントリー
2012年6月 (1)
2012年3月 (1)
2012年1月 (1)
2011年10月 (1)
2011年8月 (2)
2011年5月 (1)
2011年4月 (1)
2011年3月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (1)
2010年9月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年4月 (1)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (1)
2009年9月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (1)
2009年5月 (1)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)