山村に響く幼児達の歓声 -森の幼稚園「まるたんぼう」(鳥取県智頭町)-

森の中から小さい子供たちの歓声が聞こえてくる。10人はいるだろうか。林の中に放置されている杉の丸太をシーソーにして遊んでいるのだ。
93%が山林の、人口8000人弱の山村といえば、通常は高齢化率が高く、人の姿、とりわけ子供の声など聞こえないのが一般的だ。しかし、ここ智頭町(ちづちょう)は違う。晴れの日も、雨の日も、雪の日も、平日は毎日、町のどこかの森で子供達の楽しそうな声が響いている。それは「森の幼稚園」があるからだ。

moriasobi.JPG
何でも遊具になる


鳥取県智頭町は、鳥取県の南東部に位置し、鳥取藩の宿場町「智頭宿」で知られる。面積の93%を山林が占め、ほとんどが杉で、かつては十大林業地として栄えた。鳥取砂丘を育くむ千代川の源流の町だ。

「森の幼稚園」とは、1954年にデンマークで一人の母親、エラ・フラタウさんによって始められた自然の中での野外保育だ。ドイツでは1993年に始まり各地に急速に広がっていった。特徴は、森や自然の中での五感を使った自然体験にある。日本でも1985年から屋外で保育をしている「青空自主保育なかよし会」(神奈川県鎌倉)や、「キープ森のようちえん」(山梨県北杜市)、「ねっこぼっこ」(愛知県春日井市)などがある。2005年からは「森のようちえん全国交流フォーラム」も開かれている。

私が訪ねた智頭町の森の幼稚園「まるたんぼう」は昨年(2009年)にスタートした。始めたのは西村早栄子さん。鳥取県の職員であるが、育児休業中に自分の子供を森の中で育てたいと活動を始めた。2年目の今年は12人の3歳~5歳の子供たちが町内外から通っている。保育士さんは男女2名という体制。
町内から5人、鳥取市内から7人。町内は毎日17:00まで預かる。


◆ 町内9か所の森がフィールド

朝9時に町役場前に集合し、その日のフィールドに移動する。フィールドは町内に9か所。松の採圃(穂?)場、芦津(あしず)の森林セラピーロード、針葉樹(杉)林、広葉樹林、キャンプ場など、一口に森と言ってもバラエティに富んでいる。園舎は特にない。
今日のフィールドはキャンプ場近くの林と川だ。服装は帽子と長靴はマストアイテム。リックサックには着替え、お弁当、水筒、おやつが入っている。皆自分で背負う。金曜は「保護者アシスタントの日」で、一人か二人のお父さんお母さんが参加できる日だ。お父さんの姿も3人見える。

asanokai.JPG
「朝の会」歌で始まる

幼稚園は歌に始まり、続いてリュックサックをしょって林の中に入っていく。リュックに付いた熊鈴がチリン、チリンと鳴って子供達の居場所を知らせてくれる。道があるわけではない。林の中を自由に歩き回り、林に放置されている丸太をシーソーにして遊んだり、発見したヘビを保育士さんに触らせてもらったり、鹿の角を拾ったり。虫の図鑑を持ってきて、熱心に眺めていたり、色々なものをコレクションしたり、それこそ十人十色の自然体験をしている。

jimuguri2.JPG
ヘビ(じむぐり)に触ってみた


渓流は、岩魚もいるという澄んだ流れの速い川で、5月は未だ水温も低い。それでもどんどん川の中に入っていく子供もあれば、水にぬれないように岩を渡っている子供もある。せせらぎの音が心地よい。
「今年4月に入園した3歳児も先輩を見習って、2か月で歩き方が変わってくるんですよ。足のゆびをしっかり使って、岩に吸いつくように歩くようになるんです。」とは保育士の山中さん。

kawaasobi.JPG
林の次は渓流


ここでは親の口癖、「危ない」「汚い」「ダメ」「早く」は禁止ワードだ。子供同士のけんかも大人は仲裁しない。「危ない」「ダメ」と大人が言わなくても子供達は本能的に危険を察知する。危険だと感じるところには近寄らないし、基本的に危険なことはしない。ケガや傷も一年間活動を続けて、集合場所の駐車場でケガをした子供一人、調理の日に包丁で指を切った子供一人の2回だけだという。


◆ 地産地消弁当。弁当箱も地元の杉で手作り

林と川で2時間以上遊び、スタート地点のキャンプ場の広場に戻って、ようやくお昼ご飯。一番お昼が待ち遠しかったのは私かもしれない。3時間近く外を歩いているだけなのに疲れた。子供達は走り回ったり、水遊びをしているからもっと疲れているはずなのに、2カ月余りですっかり体型も見違えてきたという。金曜はお弁当の日で、お弁当箱は親子で手作りした地元智頭産の杉材で作った"わっぱ"だ。本日初公開だそうだ。お弁当箱の中には地域の食材を中心にしたおかずが色々。鹿の燻製には驚いた。

wappa.JPG
大山地鶏の酒蒸し。ご飯にはぜんまいの味噌佃煮


昼食は月曜がおにぎり弁当で、木曜は調理の日だ。子供はお米と野菜を一種類家から持ってくる。ご飯とお味噌汁だけのシンプルな昼食。野菜を切ることも子供たちがする。

また、月曜は「ものづくり」の日で、地域のお年寄りから藍染のたたき染めとか、木工などを習う。「まるたんぼう畑」もあり、野菜も育てている。
なんと充実したプログラムだろう。園舎が無くても、遊具が無くてもこれほど多彩でオリジナルな活動を子供達は体験できるのだ。


◆ マングローブに魅せられて森林の専門家に

代表の西村早栄子さんは1972年、東京都町田市に生まれた。東京生まれの東京育ちだ。東京農大の林学科でマングローブの関心を持ち、琉球大学修士課程に進学。その後、さらに京都大学農学研究科熱帯林環境学講座(博士課程)に進む。京大在学中に1年半ミャンマーに留学。学生結婚し、2001年に長女が誕生した。

翌02年、鳥取県出身の夫が県の職員になり、03年林業技師の募集があったので早枝子さんも林業技師の仕事に就いた。林道に道を付ける仕事や、森林組合による森林整備の監督などが仕事だ。林業専攻の夫婦にとって日本十大林業地の智頭は憧れの地だった。いずれ智頭町に、古民家に住みたいという夢を持っていた夫妻は2006年、念願の古民家を入手し智頭町に移住。3人の子供と愛犬と暮らしている。ちなみに6haの山(半分は広葉樹)も町内に入手した。"マイ滝"が自慢だ。

そんな森のプロでもある西村さんが、「森の幼稚園」を知ったのは『デンマークの子育て・人育ち』という本を読んだこと。「幸福度一番の国では、こんな子育てがされているんだ。森の幼稚園を自分もしたい」と思ったことがきっかけだ。
ミャンマーでの生活も大きな影響を与えている。牛車や馬車が車代わり。「ミャンマーでの一年半、ビルマ人もいかないようなデルタ地帯で研究していたので、けっこうサバイバルというか生きる力が付いたように思います。ミャンマーに比べて今の日本の子育ては全く子供をスポイルしています。日本は殺菌しすぎ。」と指摘する。


◆ 町民になり「100人委員会」に参加

西村さんは2006年に鳥取市内から智頭町に移住し、町の「人づくり塾」に参加した。地域に知り合いがいなかったので、まずは「森の幼稚園」について勉強するグループを作り、仲間を作っていった。そして、先進事例として愛知の「ねっこぼっこ」の副園長さんを町に招き講演会を開いた。
「この講演会で、完全に火が付きましたね。翌月から親子で森の中のお散歩をするお散歩会を始めたんです。そして、翌年には「森の幼稚園を作る会」を作りました。」
素早い行動の西村さんだ。2008年、町長が変わり、「100人委員会」ができた。西村さんも参加し、森の幼稚園を提案。2009年度に保育士一人分の人件費の予算がついた。町民のアイディアに町が予算を付けるという制度だ。

寺谷(てらたに)町長は言う。「市町村のリーダーに知恵が無ければ住民に知恵を借りればいい。それで私は町民から知恵を借りる「100人委員会」を作ったんです。自分たちの町だから、自分たちで考えて提案してください。良いアイディアがあったら予算付けますからと。その一つが森の幼稚園でした。」
地元の人は森や自然は当り前になってしまっているが、東京育ちの、いわゆる"よそ者"の西村さんからすれば、智頭は素晴らしい森林がある山村で、スゴク素敵なのだ。

そして、森の幼稚園が始まり、地元テレビや新聞を中心に取材が増え、半年もしないうちに京阪神や、四国から視察者が続々やってくるようになった。
「スゴイ教育だと見に来た人は言うんです。ところがスゴイ教育ではない。なんのことはない。年取った人たちが昔子供だった頃、野山を走り回っていた。昔は皆そんな遊びをしていたんです。
けれど、それが今は斬新。しかも、子どもが森に入ると年寄りが見守る。何かあっちゃいけないと。これでお寄りよりの役割もできたんですよ。」と寺谷町長。


◆ 森の中で五感、コミュニケーション力が育まれる

参加しているお母さんに話をうかがってみた。なんと、智頭町から100km離れている北栄町から通っているという。
「新聞で見て、西村さんに連絡し、お散歩会に参加し、今年3歳になったので入れていただきました。今年は原則週5回コースのみなんですが、うちは遠いので週3回なんです。金曜は毎週一緒に私が来ています。月・水曜は鳥取市内まで40kmを1時間かけて連れてきて、そこから送迎バスに乗せてもらっています。私も毎週来るのが楽しみで、ほんとに満足しています。子供も伸び伸びしていますよ。」

保育士の山中さんにも聞いてみた。山中さんは生まれも育ちも智頭の26歳。小さい頃は野山で走り回って遊んでいたという。
「以前は母子支援施設で5年ほど働いていましたがルールが多くて自由が少なかったです。
ここに通っている子供は子供らしいし、個性がある。ちゃんと挨拶するし、人を助けることは当たり前。毎日外にいるせいか風邪もひかない。外遊びが日常になっているので無理もしないし、はしゃがない。五感で感じている。それに参加しているお父さんたちも子どもの気持ちに戻って一緒に遊んでいますよ。」
確かに、どうも見ているとお父さんの達はかなり子供達に同化して、一緒に川の中で水遊びをしたりしている。これなら仕事のストレスの解消にもなりそうだ。

kawaasobi2.JPG
お昼ご飯の後は、また川遊び。

honnnojikan.JPG
最後はお話の時間。皆集中している。


最後に、西村さんが山村の魅力を話してくれた。
「山村の魅力は、子育ての場としての魅力でしょうか。山には山菜も沢山あるし、昔ながらの伝統が残っているし、食べ物も水も空気も一級品です。
古民家を改築したわが家のお風呂は薪でもたけるようにしました。薪でたいたお風呂はお湯が柔らかいというか、なんだか違うんです。今年は家の裏で蜂も飼い始めました。自然に呼び込む方法を近所のおじさんに教えてもらったんです。ここで生まれ育った方は出ていく人が多いですが、東京生まれ東京育ちの私のような者には素晴らしいところだと感じます。
子供がいれば山村も明るくなると思うんです。だから子供がたくさんいる町にしたいんです。」
子育てを終えてしまったが、東京生まれ東京育ちの私にも、智頭はとても素敵なところに思える。できれば住みたいとも。

「大人が教えたい自然や体験ではなく、子どもが自分で興味を持つ自発性に任せたい」という西村さんの子育て観。
2年目を迎えた智頭町の森の幼稚園「まるたんぼう」。ますます県内外から注目が高まっている。
「大人向け・森の幼稚園」があったら私もぜひ参加したいものだ。


※読み始めたら止まらないブログ「智頭の森のようちえん まるたんぼう」
 http://blog.zige.jp/marutanbou/
 毎日の活動の様子が綴られています!


(森の幼稚園「まるたんぼう」訪問日時:2010年5月18日(金)晴れ9:00~12:30)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://soratsuchi.com/cmt/trackback/71

コメント(1)

返信川村史郎 | 2012.05.04 - 19:01

今NHKドキュメンタリーを見て大感動しました。日本にあんな運営をしている幼稚園があるなんて!
幼稚園でも保育園でもない、「子どもたち自身の育ちの場」があちこちにできることを切望します。実際の運営には、財政的な面をはじめ多くの問題があることとは思いますが、設立・運営ノウハウをぜひ全国に発信して下さい。私も何かお手伝いできることがあればします。ただ、和歌山在住の上もはや齢60を迎えるので、鳥取まで行くことや手伝える範囲はごく限られるとおもいますがね・・・。

Comment Form

都市と農山村をつなぐ 空と土プロジェクト
May 2012
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

大和田順子さん

LOHASビジネスプロデューサー/
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表/
NPO環境立国 理事

東急百貨店、東急総合研究所、ザ・ボディショップ、イースクエア等を経て2006年4月に独立。
低炭素で持続可能な社会の実現に向け、人・地域・地球の健康を指向する新しい価値観LOHAS(ロハス)の考えに基づき、講演・研修や執筆、コンサルティング、NPO活動を通じて、ライフスタイル・ビジネス・社会の変革に情熱を注いでいます。

LOHAS & Sustainable Style

最新のエントリー
蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト ―総務省「緑の分権改革調査事業」で復興を推進― (宮城県大崎市) - 2012.03.23
復興元年。いわきで始めたい、未来のエネルギー - 2012.01.07
"まちなみ""むらなみ"を支える"いとなみ" - 2011.10.26
農地の復興 その2 ふゆみずたんぼ復興プロジェクト(宮城県南三陸町) - 2011.08.30
農地の復興 その1。復興トマト(宮城県岩沼市) - 2011.08.29
森の力を被災者支援&復興に活かす。オークヴィレッジの提案 - 2011.05.28
東日本大震災 救援・復興支援活動の始め方   - 2011.04.16
今こそ、サステナブルな社会づくりに舵を切ろう - 2011.03.20
『アグリ・コミュニティビジネス -農山村力×交流力でつむぐ幸せな社会-』出版 - 2011.01.28
埼玉県小川町下里地区、農林水産祭むらづくり部門で「天皇杯」受賞 - 2010.11.23
月別エントリー
2012年3月 (1)
2012年1月 (1)
2011年10月 (1)
2011年8月 (2)
2011年5月 (1)
2011年4月 (1)
2011年3月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (1)
2010年9月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年4月 (1)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (1)
2009年9月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (1)
2009年5月 (1)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)