「コウノトリ育む農法」で作られた米、大豆で農商工連携。地域の魅力を育む

「豊岡エキシビション」というイベントが、11月10日に都内で開かれました。兵庫県豊岡市のPRイベントです。豊岡は兵庫県といっても、日本海側で、京都との県境に位置する人口8.6万人の町です。イベントには中貝市長以下、市役所や兵庫県の職員、農家、漁業、温泉などの関係者が参加し、その取組みを熱心にアピールされました。コウノトリ育む農法で作られたお酒などをはじめ、城崎温泉や、地元の産業を、東京のメディア・旅行業・小売業関係者に改めて紹介し、関東圏からも人を呼び込みたいというのです。

豊岡市は、飛行機では羽田→伊丹→コウノトリ但馬空港というルートで約2.5時間。列車では新幹線で京都、京都から特急で豊岡と約5時間で行くことができます。

中貝市長のスピーチで、まず印象的だったのは、「人口減少時代に地域が生き残るに必要なのは
1. 魅力的なまちをつくる
2. 基盤をつくる
3. 情報発信」
だということでした。

0911toyooka2.JPG
豊岡市の魅力をアピールする中貝市長

その魅力的なまちづくりとして同市では、コウノトリの復活を何十年もかけて成し遂げたわけです。
※コウノトリ復活のストーリーは8月のレポートをご覧下さい。
http://soratsuchi.com/owada/2009/08/post-6.html

0911toyooka1.JPG
昭和30年代のコウノトリのいる風景


コウノトリを見るために全国から(特に関西圏から)年間40万人を超える人がやってきます。まずは、この交流人口の増加という効果をもたらしました。

そして、コウノトリ育む農法で作られたお米や、それを原料にしたお酒、加工食品を作りました。地元の酒造が中心ですが、中には金沢の福光屋なども「コウノトリの贈り物」というお酒を造っています。国内で唯一、豊岡市出石町でとれる酒米「フクノハナ」を原料としています。お酒のラベルも赤い円に、コウノトリをあしらったデザインで、お祝い事にはぴったりな感じです。
http://www.fukumitsuya.co.jp/topics/kounotori/

hukumitsu.jpg
「コウノトリの贈り物」(福光屋)

honpo1.JPG

お米だけでなく大豆も色々加工ができます。大阪に本社のある外食チェーンの「がんこ寿司」では、今年から「がんこ寿司の大豆畑」を契約し、黒大豆で豆腐を作り、売店「コウノトリ本舗」での販売や、「がんこ寿司」のメニューとして販売しています。共感の輪が広がっているのですね。

ganko2.JPG

ganko3.JPG


また、豊岡市で宿泊するなら城崎温泉がお勧めだそうです。木造三階建ての建物が並ぶ温泉街ですが、大正14年の大震災で町が全焼したそうです。その後まちとして再建計画を練り、温泉街全体を一つの旅館と見立て、駅は玄関、道路は廊下、外湯(7つ)が大浴場、お土産店が売店、スナックも町中にというように、お客様が巡りやすいまちづくりを行いました。そぞろ歩きしたくなる温泉街として町は賑わい、ヨーロッパの人たちにも人気だと言います。城崎温泉の宿でも、コウノトリのお米やお酒が飲める宿が増えているそうです。地域の農産物が食材として使用される宿、農家民宿だけでなく、こうした一般の宿でも増えてきたのは何よりでは無いでしょうか。

kinosaki.jpg

kinosaki.JPG
城崎温泉街(写真提供:豊岡市)

このように、豊岡市は、失われた大切なものを取り戻し、そして取り戻した大切なものを守り、育て、引き継ぐ地域づくりを進めているのです。今では子供達も、自分が住む町にコウノトリがいることを誇りにしています。給食にも使って欲しいと市長に直談判するほどです。

「空土プロジェクト」もそうですが、地方の農山村発、地域の農産物や特産品、地域にしかない自然・・・
都市より農山村が断然面白くなってきた、と思うのは私だけでしょうか!?

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://soratsuchi.com/cmt/trackback/46

コメント(0)

Comment Form

都市と農山村をつなぐ 空と土プロジェクト
August 2011
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

大和田順子さん

LOHASビジネスプロデューサー/
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表/
NPO環境立国 理事

東急百貨店、東急総合研究所、ザ・ボディショップ、イースクエア等を経て2006年4月に独立。
低炭素で持続可能な社会の実現に向け、人・地域・地球の健康を指向する新しい価値観LOHAS(ロハス)の考えに基づき、講演・研修や執筆、コンサルティング、NPO活動を通じて、ライフスタイル・ビジネス・社会の変革に情熱を注いでいます。

LOHAS & Sustainable Style

最新のエントリー
森の力を被災者支援&復興に活かす。オークヴィレッジの提案 - 2011.05.28
東日本大震災 救援・復興支援活動の始め方   - 2011.04.16
今こそ、サステナブルな社会づくりに舵を切ろう - 2011.03.20
『アグリ・コミュニティビジネス -農山村力×交流力でつむぐ幸せな社会-』出版 - 2011.01.28
埼玉県小川町下里地区、農林水産祭むらづくり部門で「天皇杯」受賞 - 2010.11.23
生きものを育むお米 -蕪栗沼と「ふゆみずたんぼ」(宮城県大崎市) - 2010.09.30
山村に響く幼児達の歓声 -森の幼稚園「まるたんぼう」(鳥取県智頭町)- - 2010.07.23
あたたかいおむすび -「鳴子の米プロジェクト」(宮城県大崎市) - 2010.06.23
南アルプス市で、桃の花見&桃の花びらジャムづくり - 2010.04.11
複業的林業のすすめ。NPO土佐の森・救援隊の取組み - 2010.03.11
月別エントリー
2011年5月 (1)
2011年4月 (1)
2011年3月 (1)
2011年1月 (1)
2010年11月 (1)
2010年9月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年4月 (1)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (1)
2009年9月 (1)
2009年8月 (1)
2009年7月 (1)
2009年6月 (1)
2009年5月 (1)
2009年4月 (2)
2009年3月 (2)